駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 文芸 TOP > 新刊・注目書籍

渋谷のすみっこでベジ食堂



フリーターから、なりゆきで編集者に。
40代、プロ経験なしで
ベジタリアン食堂を立ち上げ!
渋谷「なぎ食堂」店主の初エッセイ。


→特設ページはこちら

カフェや居酒屋など飲食店の激戦地、渋谷。
駅周辺の喧騒をよそに、
ひっそりと個店が立ち並ぶ狃唾のすみっこ癇谷町。
この街の片隅に、2007年12月にオープンした「なぎ食堂」。
20人も入ればいっぱいになってしまう小さなお店ながら、
動物性食材を一切使わない
「ベジ&ヴィーガン」の食事を提供する場として、
10年近く、この地に根を張り、生き残ってきた。
まるで友達の家のような生活感のあるスペース。
ベジ系のお店ながら、
お客さんの層は決して女性ばかりではなく、
男性、しかも中年〜年配の男性も多い。
そして、ベジタリアンが多い在日外国人や
外国人ツーリストの姿も、もちろん多くみられる。
どこかエスニック系のスパイシーなメニューがあったり、
カレーがあったりと、
アイディアあふれるデリの種類の豊富さもこの店の売り。

こんな、ちょっとユニークなお店を、
仲間とともに立ち上げたのが小田晶房。
元々は編集者で、音楽周りの仕事をしていた彼は、
「飲食店を始めたい」というわけでもなく、
「場を作りたい」一心で、開店を決心した。
40代、プロ経験なし、資金も少なめ……
そんな悪条件の中、
Do It Yourself=自分でやる! をスローガンに、
開店準備からメニューづくり、
スタッフの采配、破損部分の修理、
取材の対応等に突撃してゆく。

激動の21世紀……リーマンショック、3.11、
食の安全への不安等次々に襲う未曽有の出来事。
店、社会、家族、そして自分。
価値観は揺れ動くばかりに変わってゆく。

そして開店から9年目を迎える2016年冬、
子育てに追われるシングルファーザーとして、
一店主として、ここまでの顛末と思いを綴る。



【こちらからも購入できます】
アマゾン
紀伊國屋書店
楽天ブックス
honto
ブークス


小田晶房 著 
2016年12月10日 発売
四六判/並製 288ページ
ISBN 978-4-905447-74-0
定価(税込み) 1,404円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
文芸
動物・ペット
スポーツ
生活実用・音楽
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス・自己啓発
★ ロイヤルバレエスクール・ダイアリー シリーズ ★
追跡ルポルタージュ「少年たちの未来」シリーズ


RSS
ATOM