駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > ビジネス・自己啓発

ニガテな奴が雨に打たれてる 敵を愛せよ ─ 楽に生きるための心の技術



「つながり」「思いやり」「勇気」が人生を変える。
より良い人生のための「気づき」と「慈愛」の、知恵と実践の書。

不平不満を表すことが少ないという日本人でも、現代においてはそんな思いを持っている方が、実は多いのではないでしょうか。
また、そのことに無意識に満たされない思いや不安を感じている人も。
 そんな現代人の抱える問題に、自らの経験と知識のすべてをもって答えてくれるのが本書です。
インドでの瞑想修行を経て、アメリカで30年以上瞑想指導者として活躍してきた達人、シャロン・サルツバーグ。
そして、インド、チベットで仏教の修行を積み、欧米人として初めて得度を受けたアメリカにおける東洋宗教学の第一人者、ロバート・サーマン。
いずれもそれぞれの分野で著名な存在であり、著書も多いふたりが、交互に語るかたちで構成されています。

 誰もが人生で出会う「外なる敵」「内なる敵」「秘密の敵」「超秘密の敵」の4つの敵について解説し、それらを乗り越えるためのさまざまな考えや知恵を紹介してくれます。
ふたりが造詣の深い仏教の話をベースにしながらも、それに捉われることなく、時には西欧の哲学者や中国の賢人の話も登場。
決して仏教の教えのみを教え込もうとするスタンスではなく、あくまでも、理想に近づくための科学的な考え方という意味合いで紹介されるので、宗教に無関心な人でも抵抗はないでしょう。
そして、ふたりの幅広い知識と人生経験に裏打ちされた挿話の数々を楽しんでいるうちに、読者は少しずつ自分の意識の壁を低くし、しまいにはそれが壊されていることに気づくことになります。

 どんな出来事があっても一度冷静に分析して気持ちに折り合いをつけ、簡単に心を乱されることがない、自分を周囲の人を含めた環境の一部と考えて他者と対立する存在と考えず、共感や思いやりをもって生きていけたら。

 自分を変え、仕事や生活ばかりでなく、究極的には世の中や社会をも変えていくインパクトを持ち得る、科学的で人間らしい思いやりにあふれたこの「気づき(マインドフル)」のコンセプト。今作は、アメリカの大手企業が研修のために導入するなど、すでに注目や話題を集めているこの考えを、深くじっくりと知るのに最適な書となっています。
※巻末に著者がすすめる「瞑想法」の実践ガイドを掲載。理論だけでなく、実践にも役立つつくりとなっています。

<目次>

謝辞
本書の使い方
はじめに シャロン・サルツバーグ、ロバート・サーマン
私たちは行き交う

第一章 外なる敵に打ち勝つ
いじめ
競争相手をつぶす
共同で作る敵
敵を作るということ
許しのパワー

第二章 内なる敵に打ち勝つ
怒り
忍耐
生まれながらに輝く精神
許容する忍耐
苦悩を敵に回す
大空のごとき精神
洞察する忍耐
逆境のさなかの癒し
許す忍耐
正しい言葉
傷つける言葉
妬みへの依存
称賛と非難
コントロールの神話
時と親しむ

第三章 秘密の敵に打ち勝つ
自己没入か自己愛か
秘密の敵に取り組む
秘密の敵を探す
秘密の敵を観察する
共感
「与える─受け取る」の実践
善を探す
利他の誓い
長期的な視点を持つ
秘密の敵を暴き出す
我から我らへ
分離の暴虐
秘密の敵に目を光らせる
死による偉大な目覚め

第四章 超秘密の敵に打ち勝つ
自己嫌悪
「自尊心」対「自分への思いやり」
人の立場になって考える
シャーンティデーヴァの挑戦
無限の生き方を受け入れる
自己嫌悪はおしまい
超秘密の敵に打ち勝つ
もはや敵なし
自己創造の実践
クールな革命

実践ガイド 自宅で練習しましょう!
基本の瞑想法
外なる敵とつき合う
内なる敵とつき合う
 慈悲
 思いやり
 共感する喜び
 平常心
秘密の敵とつき合う
 「与える─受け取る」実践
超秘密の敵とつき合う
 自他交換の実践
著者略歴

【こちらからも購入できます】
アマゾン
紀伊國屋書店
楽天ブックス
honto
ブークス

シャロン・サルツバーグ / ロバート・サーマン 著
ドラモンド美奈子 訳
2015年10月05日 発売
四六並製/284ページ
ISBN 978-4905447511
定価(税込み) 1,782円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
文芸
動物・ペット
スポーツ
生活実用・音楽
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス・自己啓発
★ ロイヤルバレエスクール・ダイアリー シリーズ ★
追跡ルポルタージュ「少年たちの未来」シリーズ


RSS
ATOM