駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > ノンフィクション

東京湾諸島




物流島、発電基地、海上要塞、ごみ埋立地……
増殖する人工島群「東京湾諸島」。
そこには東京の栄光と負の歴史が埋め込まれている。
膨張する首都を支える島々の
“知られざる内部”へ。


「東京湾諸島」……地図上に正式にこの名称はありませんが、次々に造成されていく人工島は東京湾の岸辺を埋め、湾内全体を狭くするほどの島の集合、諸島となっています。その数はゆうに70島を超えます。しかし、それらの島は何のために造成され、内部はどうなっているのかほとんど知られていないのが実情です。
一企業が占有する島、米軍が占有する島、24時間眠らない島、都心の下水を引き受ける島、人工島に湧く天然温泉、立入厳禁の海上要塞、人工島に祀られた神々……。
著者の加藤庸二氏は『マツコの知らない世界』にも登場した“島のスペシャリスト”。
「なぜこんな人工島が?」という疑問を解き明かし、ひいては東京という都市の不思議さ、面白さ、深遠性を「人工島」という観点から描きます。

目次:

プロローグ
第1章 アイランド・アーキテクト
第2章 人工島のつくりかた
第3章 人工島の地霊と伝説
第4章 開拓者と京浜マニュファクチュア
第5章 埠頭という名の巨大人工島
第6章 不夜城工業地帯と物流の島々
第7章 東京湾ミッドタウン
第8章 欲望のアミューズメント
第9章 東京湾環境循環装置
第10章 平地に呑みこまれる島
エピローグ



【こちらからも購入できます】
アマゾン
紀伊國屋書店
楽天ブックス
honto


加藤 庸二 著
2016年10月25日 発売
A5変形/256ページ
ISBN 978-4-905447-72-6
定価(税込み) 1,980円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「ロイヤルバレエスクール・ダイアリー」シリーズ
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM