駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 音楽・映画

高田渡に会いに行く




伝説のフォーク・シンガー、高田渡。
その影響力は死後15年を経た今でも
衰えることはありません。
その実像を探るために、
なぎら健壱が家族も含めた
関係者へのインタビューを敢行。
高田渡のほんとうの姿に迫ります。



日本最初のインディーズ・レーベル「URC」と、そこからデビューしたフォーク・シンガーたちを抜きにして、日本のポピュラー音楽は語れません。彼らがいなければ、ニューミュージックも日本語によるロックもなかったのです。そして、その頂点に君臨するのが高田渡です。名盤の誉れ高い『ごあいさつ』は、なんとバックがあの「はっぴいえんど」。高田渡は細野晴臣や大瀧詠一が一目置き、井上陽水が尊敬してやまなかったシンガー・ソング・ライターでもあります。晩年はその特異な風貌と酒にまつわる数々のエピソードから「天然記念物」「珍獣」扱いされた高田渡ですが、日本が生んだ最高のミュージシャンの一人であることは間違いありません。本書は、生前の高田渡と親交が深かったなぎら健壱が、家族や友人たちの証言を通して、当時の時代背景や音楽シーンの状況も踏まえつつ、“ほんとうの高田渡”に迫る力作です。


【目次】
------------------------------------
・出会いと黎明期
証言1:高田烈(いさお、3男、高田渡の兄)
証言2:高田漣(長男、ミュージシャン)
証言3:高田富美子(最初の配偶者、漣の母)
証言4:佐久間順平(ミュージシャン)
証言5:シバ(ミュージシャン)
------------------------------------



【こちらからも購入できます】
アマゾン
紀伊國屋書店
楽天ブックス
honto
7net omni7



なぎら健壱 著
2021年1月18日 発売
四六判/並製 336ページ
ISBN 978-4-909646-35-4
定価(税込み) 2,750円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「ロイヤルバレエスクール・ダイアリー」シリーズ
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM