駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 文芸

かなわぬ恋の構造




詩人でもあり、
経営者でもある著者が

70年代から90年代に
書き継いだエッセイ集。


若山牧水、国木田独歩を論じながら、
近代的自我と性格の破綻とが招いた「かなわぬ恋の構造」、
古井由吉の小説を軸に論じた「愛の病の領域」をはじめ、
現代詩を時評的に論じつつ現代科学の発展が
人間の精神の構造にもたらした様々な変化を検証。


【目次】
------------------------------------
追憶の殺人者─『狂った果実』から那珂太郎へ
あなたとわたしともうひとり─他者論への《覚書》
時を創る力─阿部岩夫『月の人』
過ぎゆく恋愛─金子千佳『婚約』
ロマンという誤謬─阿賀猥『ラッキー・ミーハー』
感受性の仮面 斎藤悦子「瞬間豪雨」にふれて
「おちんこたらし」と現代詩
過剰の人─山口眞理子の人と作品
川本三郎『都市の感受性』を読む
二つの時間のはざ間について
詩を書くわたし
反復する「いま」
神への返還─詩人と社会
人間の楽園─劣情とはなにか
現代詩のためのささやかな愚行─詩をどうやって手渡すか
連れ込みとは何か─このやるせなさの行方
何もしないこと
ブルース─石川啄木の『時代閉塞の現状』を読んで
感覚の避暑地─角川文庫版『立原道造詩集』
拾壱、「詩の」事件あるいは情死劇
(墓場の)鬼太郎様
かなわぬ恋の構造
愛の「病」の領域
【講演録】北村透谷 ─恋と内部生命の展開─
『小田さんの家』と瀬沼孝彰
彼方の人─瀬沼孝彰詩集『ナイト・ハイキング』にふれて
瀬沼孝彰の思い出─神楽坂まで
死んだ瀬沼孝彰
二つのハート─瀬沼孝彰の思い出
------------------------------------

【著者プロフィール】
------------------------------------
井上弘治(いのうえ・こうじ)
1953年12月生まれ。東京都出身。法政大学・日本文学科中退。
ダンクグループ代表取締役。
著書に『月と遍歴』(七月堂)、『月光懺悔』(midnight press)、『ムーンライト・ラスト』(同前)、『約束』(同前)がある。
------------------------------------



【こちらからも購入できます】
Amazon
楽天ブックス
紀伊國屋書店
honto
7net omni7
Honya Club
e-hon
HMV&BOOKS online


井上弘治 著
2021年5月31日 発売
四六判 272ページ
ISBN 978-4-909646-41-5
定価(税込み) 2,200円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM