駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 文芸

勇者と戦車とモンスター 1978〜2018☆ぼくのゲーム40年史



あのとき、
ゲームは<人生>そのものだった


「インベーダー」にはまり、
「ドラクエ」に衝撃を受け、
「ファミ通」で原稿を書き、
「ポケモン」の制作に関わる……。

80年代のゲーム雑誌黎明期にライターとして飛び込んだ著者は、「天才クリエイター」田尻智との出会いを通して制作集団ゲームフリークに参加。
横井軍平、宮本茂、堀井雄二、さくまあきらなど、<ゲーム界の偉人>たちとの交流を経て、数々のゲーム制作に関わっていく……そして、大ヒット作品『ポケモン』の誕生にも立ち会うことになる。

伝説のゲームが生まれる瞬間をリアルに体験し、クリエイターとしてもコミット。
ゲーム史で<革命>が生まれる瞬間を見続けてきた著者が描く、 波乱万丈にして唯一無二、誰も書けなかった超自伝的<ニッポンのゲーム>青春記。


──ゲームボーイを作った横井軍平、『スーパーマリオブラザーズ』の宮本茂、山内溥から任天堂を引き継いだ岩田聡、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二、『桃太郎電鉄』のさくまあきら、『MOTHER』の糸井重里、そして『ポケットモンスター』の田尻智。
一介のゲームライターだったぼくは、やがてゲームの開発者にもなっていくのだが、上に挙げた人たちの全員と一緒にモノ作りをしたことのある人間なんて、業界には他にいないだろう。ぼく自身は天才でもなんでもない凡人だが、天才と出会ってしまう才能だけはあったのだ。
そんなぼくが見てきたゲームの歴史。これから書くものは、ぼくの自分語りでありながら、それが図らずも日本のゲーム業界の、かなり重要な一部分を記録したものになっているはずだ──。
(本書序章より)


<目次>-----------------------------

序章
01 凝縮された30年

第1章 ゲームとの出会い
01 見返りのないおもしろさ
02 どんなゲームで遊んできたか
03 マンガ家という夢と挫折
04 よい子に惹かれて私は……
05 見切り発車でライターに
06 食えないフリーランス

第2章 ゲーム生活の始まり
01 ファミコンが買えた!
02 必殺のリセットボタン
03 もしもし、ミヤモトです
04 おお、勇者あきひとよ!
05 パソコンに失望す

第3章 ゲームとサブカル
01 アイドルとファミコンをする
02 新明解ナム語辞典
03 ゲームのために生まれた男
04 ゼビウス1000万点への解法
05 京都へのアウトラン
06 ゲームとの向き合い方

第4章 ゲーム雑誌の日々
01 ゲームフリークとその周辺
02 さらばファミコン通信
03 あたたた!! ファミコン神拳
04 キム皇とマシリト
05 超大陸パンジア
06 ヒッポンで残した爪痕
07 竜退治はまだ飽きない

第5章 株式会社ゲームフリーク
01 大手流通に乗ったクインティ
02 ゲーム会社になぜ出版部が?
03 開発部員としての仕事
04 二度目のフリーランス
05 知的な時限爆弾

第6章 最後の悪あがき
01 三度目のフリーランス
02 桃鉄チームに電撃遺跡
03 古書の街の秘密基地
04 そして、あれから30年

あとがき

-----------------------------



【こちらからも購入できます】
Amazon
楽天ブックス
紀伊國屋書店
honto
7net omni7
Honya Club
e-hon
HMV&BOOKS online


とみさわ昭仁 著
2021年12月20日 発売
四六判/並製 304ページ
ISBN 978-4-909646-50-7
定価(税込み) 1,760円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM