駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 音楽・映画

ベニー・グッドマンとグレン・ミラーの時代 -人種差別と闘ったスウィングの巨人たち- 【2022/3/3発売】



ジャズが普遍的な音楽になるためには
スウィング時代が必要でした。
そしてそれは
人種差別との闘いでもありました


現在では「スウィング」は「ジャズ」とは別の音楽だと思われています。
しかし、「スウィング」がなければ「ジャズ」はアフリカン・アメリカンという一部の人々のローカルな音楽でしかなかったのです。
そしてアフリカン・アメリカンの音楽を白人が取り入れることには、否応なく、人種という大きな壁が立ちはだかります。
「スウィング」の成立過程を通して、アメリカの文化/文明にまで言及した画期的労作です。


<目次>-----------------------------

はじめに〜スウィング・ミュージックはどのように興ったのか
第1章 ビッグバンド・ジャズの始まり
第2章 白人によるジャズの可能性
第3章 スウィング時代に顕著になったユダヤ系アメリカ人の影響
第4章 スウィング前史
第5章 ジャズにとっての1930年代とは
第6章 黒人バンド、フレッチャー・ヘンダーソンのアレンジを手中にするグッドマン
第7章 「スウィング」がジャズ史上に残したもの
第8章 作編曲、バンド・マネージメントの腕を磨くグレン・ミラー
第9章 スウィング人気の頂点へ駆け上るベニー・グッドマン
第10章 カーネギー・ホールへの道
第11章 グレン・ミラー楽団の船出
第12章 カーネギー後のベニー・グッドマン
第13章 グレン・ミラーの従軍
第14章 スウィング時代に起きたアフリカン・アメリカンの意識の変革
第15章 ベニー・グッドマン、グレン・ミラーの伝記映画の虚構と真実
終章  スウィング・ミュージックとジャズの普遍化
あとがき

-----------------------------



【こちらからも購入できます】
Amazon
楽天ブックス
紀伊國屋書店
honto
7net omni7
Honya Club
e-hon
HMV&BOOKS online
ヨドバシ・ドット・コム


小針俊郎 著
2022年3月3日 発売
四六判/並製 328ページ
ISBN 978-4-909646-52-1
定価(税込み) 2,970円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM