駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 文芸

この、あざやかな闇 -行きずりの人たちのスナップショットでたどる現代社会- 【2月17日発売】



Netflixシリーズ『The Family』の著者が、
世界各地の闇に潜む輝きを、
あざやかに切り取ったフォト+散文集。


夜勤の人々、薬物常習者たち、ヒルビリー、ホームレス、モーテル暮らしの車椅子の女性や同性愛者といった人々から、寂れたよろず屋の品々や看板、アルバムの中の写真や落書き、スマホ上のSNSの画面、入れ墨、事故車、そして“あざやかな闇”。

さまざまな雑誌メディアへの寄稿やNetflixで映像化された『The Family』などで知られるジャーナリストで作家のジェフ・シャーレットが、自らの小さなスマホのカメラ越しに捉え、SNSに投稿し続けてきたコロナ(COVID-19)以前の世界とは?

語り口はパーソナルでありながら、市井の息吹を伝えるジャーナリスティックな視線は、きらきらとした陽光に照らされた人やものより、むしろあざやかな闇の世界の住人へと向かい、いくばくかの逡巡を経ながらも、強い意志と共感をもって対象と、その周辺世界に分け入ってゆく。

自身の故郷アメリカの各地に加え、ロシア、アイルランド、アフリカetc……と多方面にわたった取材、そしてハッシュタグやセルフィ―で飾られたネット空間でのやりとりの記録が、このフォト+散文集ともいうべきスタイルに結実した本作は、エピソードによってはルポでありながら、どこかエッセイのような趣があり、また、一貫して低温でありながらも感情を動かす熱と勇敢さとユーモア、そして独特のリズム感が感じられる。

著者、そしてその父親の心臓発作というパーソナルなエピソードから始まり、老若男女の夜勤の人々や薬物常習者に出会い、警察の暴力によって命を落としたアフリカ系アメリカ人の数奇な運命をたどり、プーチン政権下で命を脅かされながらもがき、抗おうとするロシアの同性愛の若者たちやモーテル暮らしの車椅子の女性と向き合う。

すべてのエピソードは、アメリカをはじめとした世界各地でブラック・ライヴス・マターやコロナ禍、イデオロギーによる分断などが目立った2020年や世界に衝撃を与えたプーチン政権によるウクライナ侵攻(2022年2月〜)以前のものだが、ここに集められた著者のテキストと写真は、読者に彼の目で捉えた現実を提示し、予言的な意味合いも感じさせる。

問題だらけの現代社会における、他者と自己、生と死、喜びと哀しみ、光と闇などの境界がいかにあいまいなものなのかを突きつけてくれる1冊。


<目次>-----------------------------

7時20分。午前でも午後でもいい。 
   あの山を超え、父を見舞う 
   言っておきたい 
   暗闇は光の不在ではない
 夜の仕事(ナイトシフト) 
 #Rise&GrindMF$ 
 祈る手 
   1 
   2 
   3 
   4 
   5 
 もっとそばに来て 
 シューティング・スター─サンディエゴの思い出 
 すぐ帰ってくる─スキッド・ロウにて 
   1 
   2 
   3 
12:07p.m.─スキッド・ロウにて 
 ほっといてくれ─アイルランドにて 
 秘めた営み─ロシアにて 
 アレックスとアリサ 
 エレーナ・コスチュチェンコ 
 ペーターには本当の名が別にある 
 彼女には本当の名が別にある─ニューヨーク州スケネクタディにて 
 メアリの自立宣言─ニューヨーク州スケネクタディにて
 デブラは足もとがおぼつかない様子 
 僕は自分の小さな写真を撮る 
 この、あざやかな闇 
 謝辞 
 訳者あとがき 
 「あざやかな闇」を切り取る方法について〜あるいは、この時代の正体 北丸雄二
 本書について 
 出典一覧

-----------------------------



【こちらからも購入できます】
Amazon
楽天ブックス
紀伊國屋書店
honto
7net omni7
Honya Club
e-hon
HMV&BOOKS online
ヨドバシ・ドット・コム


ジェフ・シャーレット 著
安達眞弓 訳
2023年2月17日 発売
四六判/並製 386ページ
ISBN 978-4-909646-65-1
定価(税込み) 2,530円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM