駒草出版(株式会社ダンク出版事業部)

駒草出版公式サイトお問い合せプライバシーポリシー


TOP > 教育・子供(児童書)

子どもと歩く子どもと生きる



教師としてというより、ひとりの人間として何ができるのか―

平野婦美子、近藤益雄という教師がいた。二人が実践した教育という手仕事から現代に生きる私たちは何を学ぶべきなのか。
 他人と競い、他人と比べるだけが教育そのものになってしまった社会に警鐘をならし、改めて教育を考える。

【こちらからも購入できます】
アマゾン
紀伊國屋書店
楽天ブックス
honto


岡村 遼司 著
2007年08月08日 発売
四六判・上製/254ページ
ISBN 978-4-903186-45-0
定価(税込み) 1,944円(税込)

この商品について問い合わせる





ノンフィクション
占い・スピリチュアル
コミック
音楽・映画
生活実用
文芸
動物・ペット
スポーツ
社会一般
教育・子供(児童書)
サブカルチャー
ビジネス
「ロイヤルバレエスクール・ダイアリー」シリーズ
「新・歴史人物伝」シリーズ


RSS
ATOM